捨ててもいいけど捨てられない

印鑑イメージ

印鑑が自分の家にいっぱいあるというひとも、いるのではないでしょうか。家庭によっては、使わない印鑑がたまってしまうということも珍しくないものです。

たとえば、印鑑が必要な場面で印鑑を忘れてしまって、あわてて買ったという場合や、親や兄弟、子供が、使わなくなった印鑑をもっていたりとか、傷が少し入ってしまって、使えない印鑑だったりとか…いろんなことが原因で、印鑑が家にたまってしまうわけです。
こういった場合、そのまま持っておくのもいいのですが、普段使っている印鑑が、どれであったかがわからなくなってしまうようなこともあります。

また、普段使っていない印鑑を処分しようかと考える人もいるでしょうが、印鑑は大事なものという印象が強いですから、たとえ安物であっても捨てることに躊躇してしまうようなこともあるでしょう。

【印鑑通販のおすすめサイト】

印鑑卸売市場は、卸売価格で印鑑を作成して、即日出荷するはんこの通販サイトです。

さらに、形見の品として印鑑を譲り受けるようなこともありますから、そういったものはしっかりと保管しておきたいものですよね。
そうやって考えていくと、印鑑はどれも処分することが難しくずうっと手元に残ってしまうわけです。
いつか使うかもしれないと思ってみても、それがいつになるのか、もしかしたらその機会が来ないことだってありえます。

今では、買おうと思えば、100円程度で名字の入った印鑑を購入することだって出来ます。
ですから、使用していなくて重要性を感じないような安い印鑑を持っているのなら、それらは処分してしまってもかまわないでしょう。 そうやって考えていかなければ、いつまでたっても家にある印鑑は減ることはないのです。

印鑑登録は本人の印鑑が必要!代理人でも大丈夫?!
http://www.jfor.jp/

役所手続き辞典 | 助成金制度などのサイト
http://www.troisbassins.com/

ページの先頭へ