通帳と一緒に保管すること

印鑑の保管イメージ

銀行印と銀行口座の通帳を、一緒に保管している人は多いのではないでしょうか。
これらは、一緒に使う機会は多いですし、大事なものですから大事なものは大事なものとして一箇所にまとめておいたほうがいいと考えるのが普通ですよね。
私自身そう思いますし、一緒に保管をしています。

金庫にこれらを預けている人なら安心でしょうが、普通の一般家庭に立派な金庫がある人は少ないでしょう。
さらに貸金庫を借りている人は、それなりの財産を持っている人だけでしょうから、大抵の場合は、人目につきにくいところへ、印鑑や通帳をしまっておくのが普通だと思います。

ただ、もし泥棒が入ってきたら、それらのような大事なものをしまう場所の、大体の見当というものは知っているそうですよ。
また、その人達特有の勘みたいなものが働いて、もしその場所を見つけたら、大事なものがそっくりそのままもっていかれてしまう可能性だってあります。

そう考えると、通帳と印鑑は別に保管しておいた方が安全な気がします。
どちらか一方だけでは、お金を下ろすことは出来ませんからね。

普段はキャッシュカードを使ってお金をおろしている人なら、通帳は家で保管している人もおおいことでしょう。
ですので、家を留守にすることが多いような人は別々に保管しておくのも良い案かもしれません。

また、場合によっては泥棒に入られたことにさえ気づかないようなこともあります。
いざ印鑑を使おうと思ったらしまっているはずの場所のなかった、なんてことになれば一大事ですからね。
使うことがないとしても、定期的に大事なものはあることをしっかりと確認しておく方がいいでしょう。

ページの先頭へ